酵素シロップで日々の健康を維持する

一般的な栄養学においては、炭水化物とタンパク質に脂肪が三大栄養素と呼ばれていましたが、炭水化物のみでは活動力として反応しないのでビタミンとミネラルが加わり五大栄養素となりました。
さらに近年、体内において消化されないとして見落とされていた植物繊維が6番目に加わることになりました。
近年、ビタミンやミネラルより重要視されているのが周囲の物質の化学反応を活発化にする酵素というもので、酵素栄養学では人の体内に存在する消化酵素代謝酵素に食物に含まれる食物酵素の3種に区別しています。


酵素は、消化吸収を助けたり筋肉を動かしたりと人間が生きていく上で重要な役割をしているものなのですが、その酵素を簡単に毎日摂取できるように考えたものが"酵素シロップ"というものです。
四季折々のフルーツや野菜などの好みの食材と砂糖を入れて簡単に作れる発酵保存食品です。


では初心者向けの簡単レシピを紹介したいと思います。
まず、漬け込む食材として林檎1個とかぼちゃ1/4個に人参少々にレモン1個を準備します。
食材を細かく切り、白砂糖(1:1.1の割合)を口から手が入る保存ビン容器に入れ、清潔な手でかき混ぜて仕込みます。
さらに食材を覆うように上から白砂糖を入れ、酵素は生きていますので少しふたを開けて室温20~25℃の部屋で保存します。
保存時は直射日光を避け発酵中は毎日1~2回綺麗な手で底に白砂糖がたまりやすいので優しくかき混ぜます。


日を追うごとに変化していきますが始め数時間で白砂糖が溶け出して10日~12日すると発酵が終わります。
かき混ぜると細かな泡が立つのが確認できれば発酵の完了です。
ビンからザルに移しますがボールなどで受けて自然に落ち切るのを待ちます。(絞ると雑味がでますので注意してください。)
次にボールに落ちたシロップをジョウゴなど使って適当な瓶に入れれば健康応援シロップの出来上がりです。


好みの食材で色々作って日々の健康を維持する為に酵素シロップを活用してください。

 

とはいっても、酵素サプリメントが一番簡単で手軽です。友人から勧められた「こうじ酵素」。最近のマイブームになっています。こうじ酵素はモニター価格のキャンペーン中なのでとてもお得に購入できましたよ。

こうじ酵素